制御盤設計前の機器、用品、I/Oの拾い出し方法

スポンサーリンク

慣れるまでの辛抱です。

自分なりのフォーマットを作り簡単に拾い出しできるようにするといいでしょう。

とりあえず

簡単なフォーマットがありますので、使ってみて下さい。

制御盤ハード・ソフト設計/実践ガイド無料版 には、エクセルシートがあります。

このページには、パターンをアップしていますので、

プリントアウトして使ってみて下さい。

第1段階

打ち合わせや設計資料を元に機器、用品、I/Oの拾い出しをします。

機器とは、動力モーター、電磁弁、ソレノイドバルブなどの事

用品とは、機器を動かすため操作するスイッチです。

では、順番に

1)動作する機械や電磁弁等を書きだす

2)センサーやリミットスイッチなどを書き出す

3)1)、2)で拾い出した機器に対してTAG-NOを記入する

4)動力が有れば 容量を記入する

後は、自分で気が付いた点や疑問点などを備考に残しておくと

質問事項としてすぐに質問が出来ます。

第2段階

拾い出した機器に対して、必要な部品を選択する

この時点では、必要な個数だけでいいです。

部品の型式など調べていると時間がかかります。

*****************
スポンサーリンク *****************
⇒ 設計屋の健康法/生活習慣病にならない為に
⇒ 国内航空券最安値検索 エアトリ
⇒ 電験3種の無料資料請求
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】31日間無料キャンペーン中
*****************

モーターなら

ブレーカー、マグネット、インバーターが必要になります。

用品は切り替えスイッチ、押しボタン、表示灯が必要です。

入力信号は運転確認、サーマル、切り替えスイッチ、押しボタン

出力信号は運転指令、運転表示、異常表示など

このような必要な情報を表にしていくことにより、

具体的な数量が出てきます。

以下のような表を使って数を出してみましょう。

モーターの名称が1行しかないですが、

必要な個数だけ増やしてまとめましょう。

気になる事がある場合は、項目を増やして個数や数字を記入しておくと良いですね。

入出力については、客先により??%の予備を儲けなさいと指定してくる客先もありますのでプラスα しておくといいでしょう。

最後に一般的な用品を追加します。

異常リセット、ブザー停止、非常停止、電源入り、

ブザー、異常表示灯、

運転、停止、開、閉 などの押しボタンや動作表示灯は機器名称に入れておきましょう。

タッチパネルに入れるものも出てきますが、最初からタッチパネルに入れるならば、TPとか項目を追加しておくといいです。

スポンサーリンク