シーケンサの動作 I/O点数とI/O割り付け 2-2-2

スポンサーリンク

FA eラーニング>FA機器・配電制御機器
以下の図のような初級編その他中級編・上級編が無料で学べます。

入出力については 2-2-1 で説明したとおりです。

具体的な割り付けは以下の表を基に考えてみましょう。

入出力カードの並びは自由ですが

1)最初に特殊カード

2)入力カード

3)出力カード

の順番に並べて配置する方が図面が見やすくなります。

では

入出力カードの配置をしてみましょう

アドレスがどのようになったかもチェックしましょう。

以下のカードを割り付けしましょう。

入力カード:16点が1枚、32点が1枚、64点が1枚

出力カード:16点が2枚、32点が1枚、64点が1枚

簡単すぎますね

上のフォーマットにまるをすれば出来てしまいます。

*****************
スポンサーリンク *****************
⇒ 設計屋の健康法/生活習慣病にならない為に
⇒ 国内格安航空券予約サイト スカイチケット
⇒ 電験3種の無料資料請求
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】31日間無料キャンペーン中
*****************

では、アドレスを対応させてみましょう。

1スロットあたり最大64点なので

8スロットI/O点数512点で割り付け表を作りました。

必要点数で各スロットに割り付けすると以下のようになります。

これで

I/Oカード と 割り付けの関係が理解できたと思います。

スロット数は有限なので、

16点カードより32点カード

32点カードより64点カード

を使うことにより他のカードが利用できるようになります。

たとえば

16点入力カード4枚 と 16点出力カード4枚では 8スロットを使いこのままではI/Oカードの追加が出来ません

これを解消する為には

64点入力カード1枚 と 64点出力カード1枚で 2スロットを使い、6スロットを予備として備えることができます。

これなら、I/Oカードの追加も楽にできます。

8スロットをすべて使っているときは、増設ベースを追加してI/Oカードを追加できるようにします。

スポンサーリンク