三菱インバータ オートチューニング操作方法

スポンサーリンク

通常はあまりしないのですが、

機械的にも、電気的にも負荷がかかりそうなときはオートチューニングをしてみましょう。

大きな負荷を扱うときは、ブレーキユニット(ブレーキ抵抗器)FR-ABRを使用します。

また、1ランク上のインバータもしくは2ランク上のインバータを使うと効果があります。

不可が大きい場合はランクアップも検討してみましょう。

さらに汎用品のFシリーズではなくAシリーズを使うのも良い方法です。

実際比較したわけではありませんが、客先の担当者が言っていました。

それでは本題です。

一度やってしまえば、簡単なのでよく覚えておきましょう。

私はよく忘れるので、インバータを使うときは、必ずマニュアルを持っていきます。

できれば、インバータに関する全てのマニュアルを現場に持っていきましょう。

オートチューニング 手順

1) 運転モードが「2」もしくは「3」になっています

Pr.79 「1」にしPUモードにしてください

Pr.9 定格電流 14 A

Pr.71 他社モーター 3 P

Pr.80 モーター容量 5.5 KW

Pr.81 モーター極数 4 P

Pr.83 モーター定格電圧 380 V

Pr.84 モーター定格周波数 60 Hz

2) オートチューニング

Pr.96 ダイヤルをまわし「1」をセット

チューニングスタート

*****************
スポンサーリンク *****************
【468×60】RentalCars.com/レンタカー利用プロモーション

*****************

3の表示に変わればチュニング終了

STOPを押して終了

数字は「3」のままでOK
そのままにしておく

3) 運転モードが「1」になっているので

Pr.79 「2」「3」の運転モードに戻してください。

参考資料

スポンサーリンク