キーエンスPLC Ethernet 内蔵 CPU ユニット KV-5000と三菱PLC間リンク 

KV-5000なら、CPUユニットにEthernetポートを標準装備。

コストアップせずに、メリットのあるEthernetを導入可能。

複数のPLCとの同時接続
最近の装置は、1台に複数のPLCを搭載していることや本体とローダ、アンローダなどにPLCが分散して配置されていること
が珍しくありません。
Ethernetで接続すれば、複数のPLCを同時に接続・モニタが可能になります。複数台接続しても、Ethernetは高速でモニタ
ができます。

汎用ポート
RS-232C通信の場合、制御盤の近くにパソコンを配置する必要があります。Ethernetなら設置したい場所に

パソコンを配置することができます。
また無線LANを使用すれば、煩わしい配線をすることなく通信することが可能です。

長距離接続
1台のパソコンで複数のPLCと接続する場合、シリアル通信では通信ボードの追加などが必要でした。
Ethernetならハブを使用するだけで、複数のPLCと簡単に接続が可能です。
また、1台のPLCを複数のパソコンから監視することもできます。

キーエンス PLC Ethernet 内蔵 CPU ユニット KV-5000では、簡単にPLC通信ができます。

同じキーエンスなら

三菱PLCとのPLC間リンク

以下のように簡単に通信設定ができます。

*****************
スポンサーリンク *****************
【468×60】RentalCars.com/レンタカー利用プロモーション

*****************

仕様

型式 KV-5000
種類 CPU ユニット
性能仕様 演算制御方式 ストアードプログラム方式
入出力制御方式 リフレッシュ方式
プログラム言語 拡張ラダー、KVスクリプト、ニモニック
命令語数 基本命令:81 種 182 語
応用命令:42 種 59 語
演算命令:124 種 315 語
拡張命令:98 種 147 語
合計:345 種 703 語
命令実行速度 基本命令:最小 10 ns
応用命令:最小 20 ns
倍精度浮動小数点命令:最小 2,350 ns
プログラム容量 約 260k ステップ
ユニット最大装着数 16 台 (エクステンションユニット接続時 48 台)
最大 I/O 点数 拡張時 最大 3,096 点 (KV-EB1S/KV-EB1R:2 台増設時、64 点 I/O ユニット使用時)
ビットデバイス 入力リレー R 合計 16,000 点 1 ビット
出力リレー R
内部補助リレー R
リンクリレー B 16,384 点 1 ビット
内部補助リレー MR 16,000 点 1 ビット
ラッチリレー LR
コントロールリレー CR 640 点 1 ビット
ワードデバイス タイマ T 4,000 点 32 ビット
カウンタ C
データメモリ DM 65,535 点 16 ビット
拡張データメモリ EM
ファイルレジスタ バンク切換方式 FM 32,768 点 × 4 バンク 16 ビット
連番方式 ZF 131,072 点 16 ビット
リンクレジスタ W 16,384 点 16 ビット
テンポラリメモリ TM 512 点 16 ビット
高速カウンタ CTH 2 点 32 ビット
高速カウンタコンパレータ CTC 4 点 32 ビット (高速カウンタ 1 点につき 2 点)
インデックスレジスタ Z 12 点 32 ビット
コントロールメモリ CM 6,000 点 16 ビット
位置決めパルス出力 2 点 (最高出力周波数 100 kHz)
CPU ユニット入出力 入力:16 点、出力:8 点
停電保持機能 プログラムメモリ フラッシュ ROM、10 万回書き換え可能
デバイス バッテリによる 5年 (使用周囲温度 25 ℃ で停電保持状態時)*1
自己診断機能 CPU 異常、RAM 異常、その他
一般仕様 電源電圧 DC 24 V (±10 %)
使用周囲温度 0 ~ +50 ℃ (氷結しないこと)*2*3
使用周囲湿度 10 ~ 95 % RH (結露しないこと)*2
保存周囲温度 -20 ~ +70 ℃*2
保存周囲湿度 10 ~ 95 % RH (結露しないこと)*2
使用雰囲気 塵埃、腐食性ガスがひどくないこと
使用標高 2,000 m 以下
汚染度 2
耐ノイズ性 1,500 Vp-p 以上、パルス幅 1 µs、50 ns (ノイズシミュレータによる)、IEC 規格準拠 (IEC61000-4-2/3/4/6)
耐電圧 AC 1,500 V、1 分間 (電源端子と入出力端子間、および外部端子一括とケース間)
絶縁抵抗 50 MΩ 以上 (DC 500 V メガにて電源端子と入出力端子間および外部端子一括とケース間)
耐振動 断続的な振動がある場合 周波数 5 ~ 9 Hz 片振幅 3.5 mm*4
周波数 9 ~ 150 Hz 加速度 9.8 m/s2*4
連続的な振動がある場合 周波数 5 ~ 9 Hz 片振幅 1.75 mm*4
周波数 9 ~ 150 Hz 加速度 4.9 m/s2*4
耐衝撃 加速度 150 m/s2、作用時間 11 ms、X,Y,Z 各方向 2 回
過電圧カテゴリ II (KV-U7 使用時)
内部消費電流 CPUユニット:320 mA 以下
エクステンションユニット:KV-EB1S 15 mA 以下、KV-EB1R 25 mA 以下 (入力回路駆動用電流を除く)
質量 CPU ユニット:約 320 g
エンドユニット:30 g、KV-5500/5000/3000 用スタートユニット:20 g
エクステンションユニット:KV-EB1S 約 90 g、KV-EB1R 約 115 g
価格(\) 158,000
*1 対象デバイス R/LR/CR/T/C/DM/EM/FM/CTH/CTC/CM
*2 システムとしての保証範囲です。
*3 制御盤内のユニット下側の温度で規定します。
*4 JIS B3502 IEC61131-2に準拠、掃引回数:X,Y,Z 各方向 10 回 (100 分間)

スポンサーリンク