GT Works3 タッチパネルプロジェクトの新規作成と画像作成

スポンサーリンク

GT Works3  GT Designer3を立ち上げます。

以下の画面がでて準備しているので、しばらくお待ちください。

すると、

新規作成を促す画面が出てきますので、クリックしてください。

慣れてくれば、この画面もわづわらしく感じますが、

この手順で必要な所が簡単に設定できます。

使用するGOTのシリーズと機種を選択します。

設定の確認をします。問題なければ次へ

タッチパネルを何に接続するか選択します。

ここはQnUシリーズに接続します。

接続するインターフェースを決めます。

シーケンサ本体の何とつなげるか、どこにつなげるかということです。

シーケンサ本体の232Cポート(PLC全面の丸ピンか計算機リンクユニットの232Cポート)

シーケンサ本体の422ポート(ベースのバス接続か計算機リンクユニットの422ポート)

イーサネットなどあります。

シーケンサ本体の232Cポートを選択します。

通信ドライバーを選択します。

設定の確認をしてください。

最後にシーケンサからタッチパネルの画面切り替えが出来るようにデバイスを決めます。

デフォルトではタッチパネル用のデバイスが設定されています。

GD100、GD101 だったのを D100、D101 に交換しましょう。

全ての設定を確認します。

間違っていたら、後でも修正できます。

完了ボタンを押してください。

お疲れ様です。

以下の通りにタッチパネルの画面設計が出来るようになりました。

簡単な設置 スイッチと表示の作成

スイッチを配置しましょう。

オブジェクト>スイッチ>スイッチ をクリックしてから

画面上にマウスを移し 画面をクリックします。

すると、以下のスイッチが配置されます。

スイッチをクリックし基本設定をしましょう。

右上の動作追加からビットを選択します。

入力 X0001を設定します。

*****************
スポンサーリンク *****************
⇒ 設計屋の健康法/生活習慣病にならない為に
⇒ 国内格安航空券予約サイト スカイチケット
⇒ 電験3種の無料資料請求
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】31日間無料キャンペーン中
*****************

設定したら OK を押して決定してください。

以下のように設定できました。

これで良ければ OK を押して決定しましょう。

次にランプ表示の設置をします。

オブジェクト>ランプ>ビットランプ をクリックしたら

画面上にマウスを写し 画面をクリックします。

すると、以下のランプが配置されます。

ランプをクリックし基本設定をしましょう。

デバイスを設定します。

設定が出来たら OK を押してください。

スイッチも同じですが、ランプの名称を入力しましょう。

文字を選択してください。

文字列に文字を入力します。

一時停止の文字を入れてみました。

ランプの表示がこのように表示されます。

これでは、かっこ悪いので、ランプを大きくするか、文字を小さくして調整します。

今回はこのままで OK をします。

それでは、どんな感じないなっているか、確認してみましょう。

強制ONをすると以下のような情他表示になります。

ざっくりと動作確認が出来たら、消えないうちにセーブしましょう。

新しい名前をつけましょう。

新しい名前をつけて保全します。

表示とデバイスの確認方法

以下の表示ではデバイスの確認ができません、

間違ってるかもしれないので確認しましょう。

デバイスの表示を押します。

デバイスの表示が出来ました。

強制的に ON/OFF してみましょう。

スポンサーリンク